北摂の新聞を目指す!北摂ネットワーク研究会情報サイト

北摂ネットワーク研究会は、北摂地域のまちづくり地域活性の為の、研究会です。このブログはメンバーが大阪、兵庫を含む、北摂地域について、あれこれ調べたこと、考えたことを覚え書きとして掲載しています。主な活動地域は茨木市です。相互リンクなども募集しております。北摂地域の各種サークル、団体様と交流できれば幸いです。(茨木、高槻、摂津、吹田など)
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 彩都とは? | main | ドラマに出たあこがれのあの街に住みたい! >>
# 北摂地域とは?
摂津国の中心であった大坂からの方位に基いて、島上・島下・豊島・能勢の四郡が「北摂」、川辺・有馬・武庫・菟原・八部の五郡が「西摂」と呼ばれた。
この場合の「北摂」が現在の大阪府北部を指すことになり、兵庫県南東部は「西摂」が指すところとなる。 一方、単に摂津国北部を意味する場合もある。
この場合の「北摂」が現在の兵庫県南東部、とりわけ川辺郡北部や有馬郡の旧郡域にあたる北部地域を含むことになる。特に顕著なのが三田市で、「北摂」を冠称のように使用している。
なお、兵庫県は阪神北地域を兵庫県域における「北摂」と定義している節がある。 
古代より京から山陽道に抜ける西国街道が通り、豪族や寺社の荘園が広がる地域であった。
近世には幾つかの数万石クラスの小規模藩ができ、廃藩置県後に大阪府と兵庫県に分かれて属することになった。
 明治中期以降、大手私鉄が中心となり、この地域を住宅地や歓楽街として開発していった。全国的に比較的早い時期での大手資本による街作りが行われた地域といえる。
1960年代以降には自治体等によるニュータウン開発も行われていく。
 現在では、伊丹空港、東海道・山陽新幹線、名神高速道路、中国自動車道、阪神高速道路といった交通インフラが揃っており、他地域との住居人口の移動が多い地域でもある。
なお、建設中の新名神高速道路神戸ジャンクションから高槻第一ジャンクション間はこの北摂と称される自治体を大きく包囲するようなルートで建設中である。
 by wikipedia(2012.4.21)
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:26 | category: 北摂ネットワーク |
# スポンサーサイト
| - | - | 07:26 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokusetsunet.jugem.jp/trackback/5
トラックバック